読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートが働いたかもしれないブログ。

無職ひきこもりニートを10年プレイしたひとの妄想劇ブログ。

志持つニートが一人でもやって来て読んでくれればOKだからニートアピールしてるだけやで。
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

ニートがキノコ組み立てて正社員になった話(仮)①/金とプライドのある生活。

「キノコ工場正社員」の話

なんだかんだで正社員にしてもらって待遇が上がった。

 

21歳という若さが物を言ったのか(現24)、それから割りと真面目にこの工場の生え抜き戦力みたいな期待のホープみたいな形になったのかはしらないが、

 

とにかく若くして仕えていればこういうことにもなるみたいだった。

 

真面目に言う事きいて、文句はいわずに、無遅刻未欠席していれば、その愚直さだけは伝わるらしい。

 

3回くらい休んだけど。

 

しかしきっちり自分で連絡入れて自分で処理したからね。それくらいはやらないとダメね。

 

 

しかし「そうだからと言ってクビにならないという世界ではない」けれど、

 

「うまく評価されればこういうことも起きる」ということなのだ。

 

 

 

「こいつの働きは他の雑魚どもより使える」

 

「得体の知れない新人や中年を雇って逃げられるよりよっぽど信用できる」

 

 

その工場や企業自体が危難でない限り、

 

こう思わせてしまえばわりと重用されるみたいである。

 

やったね。

 

 

給料22万円。8時間労働。残業あり。週休2日正規雇用。各種保険あり。現場の仕切り権。

 

 

「給料が明確に上がった」のと「現場の仕切り役」がおいしい。

 

基本はそれだけ。

 

「労働時間は増える」ことが多くなった。

残業などで責任を取らされることもしばしば。ここは非正規のほうが気軽で、時間がくればほぼ確実に帰れた。でも残業代は出るからまあよいか。どうなの。

 

あとは「各種いろいろな保険」があるみたい。

だけどあまりごちゃごちゃしていてよくわからないし興味もあまりない。手取り金にしか興味がない。

 

さらにはそれなりに「労働の法律に護られている様子」である。

正規雇用者の解雇は正当な事由がない限りそう簡単にはできないみたいなのだ。正当な事由とはなんだろうか?手取金にしか興味がない。

 

 あとはプライドだ。

なんやかんやと正社員というステータスが世の中にはある。自分としては非正規の傭兵チックな響きも全然かまわないし、まだ20代だからなのかそういったさすらいの生き方もかっこいいという具合。小中学生がヤンキーに少し憧れるみたいなものだ。

 

だが人に対しては効力を発揮する事がわかるので悪いものではない。

 

正社員だぜといえば世間体的にも聞こえはよく理解もされやすい。いわゆる普通な身分になったということだ。そう、いわゆる。

 

だがこのプライドというやつはそういうことより、

 

「この場所で尊重された存在」

 

「認められた存在」

 

という意味での、

 

虚栄心を多分に含んだ自尊心だ。

 

虚栄心が8割とは言っても悪いものではない。

 

これは「現場仕切り役」という点でも大いに働きやすくなっている。

 

はっきりいえば精神的に優位に立ちやすい。

 

人間関係上のトラブルも相当リスクを下げるところにまで来てしまったのかもしれない。

 

あまりオレの職場は「同僚」と角突き合わせることもなく、定期的に入れ替わる非正規さんたちとそれなりに付かず離れず上手いこと当たり障りなくやっていけばそれでよくなった。

 

とはいえ、この工場の経営が危難に立たされれば、どうなるのかはしれないけれど。

 

仕切りといっても1ラインだぞ。

 

いわゆる「班長」だ。

 

ほんのり仕切れる権限を持つ立場。

 

ほぼ仕事は同じだけど。

 

「班超」ではない。

 

そんな中華が産んだスーパーネゴシエーター偉人ではない。あくまで「班長」だ。班の長。

 

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

 

といった具合なキノコ工場お勤めではありますけれども。うまいこと言う。

 

 

兎にも角にも、

 

 

月22万円となればそれなりな金額だ。

 

 

なにしよう。

広告を非表示にする
ニートアピールしてるだけやで。
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村